業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産物件コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

不動産業者選びの注意点とは?

独身時代がかなり長くて、仕事も忙しく女性と出会う機会もないので、このまま一生独身かもしれないと諦めてかけていましたが、何とか30代のうちに結婚できることになりました。
今までずっと実家暮らしで、家には共働きの弟夫婦も途中で子供の面倒を親にみてもらうことを目的に引っ越ししてきて、それから私としてはかなり居心地が悪くなったので、本当に実家を出られることになってホッとしています。
結婚まではもう少し時間がありますが、現在新居となるマンションを探しているところです。
この歳までずっと実家暮らしで、お酒も飲めない私にはそれなりの貯金もあるので、賃貸と購入の両方で考えているのですが、不動産を利用するのははじめてで、マンションを借りるにしても買うにしても良く勝手が分かりません。
調べると、不動産会社は数多くありますが、不動産会社の選び方と、利用する際の注意点があれば教えてもらえないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。


回答

おとり物件や小芝居には注意が必要です。


マンションの賃貸や購入を目的に不動産会社を利用する際には、注意しなければいけないポイントはいくつかあります。
自殺や何らかの事情がある「事故物件」に関しては、多くの人が認識していると思いますし、それも不動産を探す際の注意点の1つとなりますが、「おとり物件」については広く認知されていないようです。
おとり物件とは、すでに契約済の架空の物件で、その名の通りにお客様を引きつけるための好条件物件です。
もちろんすでに売れていたり、借りられてしまっているため、問い合わせをしても自分が契約できるわけではありませんが、まずはお客さんをひきつけなければ何もはじまらないと考え、このような姑息な手を使う不動産会社が多いのが現実です。
お客さんのことを第一に考えているなら、こうした嘘の情報を悪用することはしないので、おとり物件をホームページに掲載している会社は利用しない方がいいでしょう。
良い不動産会社は、購入や転居の動機や、お客さんの要望をしっかり聞いてくれて、それに合う物件を、時間をかけてでも探してくれます。
条件に合わないような物件を急いで勧めてくるような場合も、他を当たった方がいいでしょう。
他にも物件に興味を持っている人がいるから、急いで契約した方がいいというような小芝居を売ってくるような不動産会社もありますので、そのような話が出たら警戒しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク